カンデラ、記録的な資金調達とベネトーグループとの提携を確保

カンデラ P-12 および C-8106

スウェーデンの電動水中翼船メーカーであるカンデラは、P-12フェリーの生産拡大に向けて同社史上最大規模の資金調達ラウンドを完了した。

24.5万ユーロの資金調達ラウンドにおける主要パートナーは、グループベネトーである。同社は売上高1.46億15万ユーロ、8,000の工場、XNUMXつのブランド、年間XNUMX隻以上のヨットを建造する世界最大のボートメーカーである。

世界的に、水上輸送は世界の GHG 排出量の 3% を排出します。しかし、従来の船舶やボートは高速では非効率であるため、レジャー船や商業船全体での電化の普及は遅れています。

カンデラのコンピューター安定化水中翼船 水の摩擦の上に浮かんでくださいカンデラ氏によると、バッテリー電力で長距離と高速を達成しながら、他の船やボートよりもエネルギー使用量が最大80パーセント少ないという。また、オペレーターの運用コストも削減できます。

カンデラ P-12 および C-8106

カンデラ社は、完全に接続された同社の船舶には、波の荒い海や敏感な水路を航行するのに役立つ技術があると述べています。搭載されたフライト コントローラーは、センサーからのリアルタイム データを使用して波に対抗し、乗り物酔いや不快感を解消します。 Candela 船はフォイル航行時に後流を生じず、従来の船舶では航行時間が制限されていたところ、航行時間が短縮されます。 速度制限。

「私たちの投資は、より持続可能なボート遊びと比類のない体験のための革新的なソリューションを拡大するという、グループ ベネトーの環境移行目標と完全に一致しています」とグループ ベネトーの CEO、ブルーノ ティヴォヨンは述べています。 「カンデラの技術は、大幅に効率的な電気船舶を可能にし、水上交通を次の持続可能な段階に変えるでしょう。」

グスタフ・ハッセルスコグ氏、創業者兼CEO カンデラ、さらに次のように付け加えています。「グループベネトーが参加することにこれ以上興奮することはできません。世界をリードするボート会社としての彼らの信頼は、水上輸送を変革する当社の技術に対するお墨付きです。私たちは今後の可能性に興奮しています。」

この新たな投資ラウンドは、カンデラが世界初の電気水中翼船と称される最近発売されたキャンデラ P-12 の需要を満たすために生産を拡大するのに役立ちます。 P-12 は、市場初の高速長距離電気フェリーとして販売されています。その水中翼技術は、ディーゼル船と比較して生涯排出量を 97.5% 削減し、同時に運航者のコストを半分にできると言われています。

静かな反射湖を背景に、雲に覆われた山々を背景に、赤い箔の上に水面から浮き上がった小さな白いフェリー

P-12は後流の発生が最小限であるため、ストックホルムの初航路を含め速度制限の免除が認められており、XNUMX月からは道路輸送や従来のディーゼル船と比較して移動時間を半分に短縮することになる。

ニュージーランドで最も美しい湖のひとつ、マナポウリ湖。 カンデラ P-12 は 2025 年までに運用される予定です。

フォーチュン・ビジネス・インサイツによると、海運の脱炭素化を目指す強力な国家的インセンティブにより、電気船舶の市場は14.2年に2030億ドル相当になると予想されている。 1年2024月XNUMX日以降、欧州連合は排出量取引制度(ETS)に海上輸送を組み込み、ノルウェーなどの国は電気フェリーや電気ボートの義務化など、ゼロエミッションのフィヨルドを推進している。

「私たちは技術の成熟に何年も費やしてきましたが、今では商用船舶に拡張するのに適した状態にあります。他の業界と同様に、最速で規模を拡大した企業が市場を支配することになります」とグスタフ ハッセルスコグ氏は言います。

このラウンドの他の支援者には、長年の投資家であるEQT Ventures、Ocean Zero LLC、Kan Dela ABが含まれます。新たな投資により、これまでの合計資金がもたらされます。 カンデラの 開始額は70万ユーロを超える。

「EQT Ventures は、2021 年から化石燃料を使わない湖や海洋への移行を加速するという Candela のビジョンを断固として支持してきました」と EQT Ventures のパートナーである Lars Jörnow 氏は述べています。 「カンデラのP-12船の進水は、持続可能な輸送における転換点を意味します。」

このページは GTranslate によって英語から翻訳されたものです。元の記事は、英国に拠点を置く MIN チームによって執筆および/または編集されました。

コメントは締め切りました。

コンテンツにスキップ