日本沖で酸1000トンを積んだタンカーが転覆、8人死亡

コヨン・サン

約1,000トンの酸を積んだ貨物船が日本の沖合で悪天候により転覆し、XNUMX人の死亡が確認された。

韓国船籍の乗組員11人 コヨン・ソン 報告によると、その中にはインドネシア人8人、中国人男性1人、韓国人2人が含まれていたという。乗組員のうち9人は当初救助され病院に搬送されたが、そのうち8人は到着後すぐに死亡した。生き残った乗組員はインドネシア人であることが確認された。日本の海上保安庁は荒波の中、行方不明の乗組員2人の捜索を行っている。

全長68.9メートルのタンカーは、1996年に建造された化学品および石油製品のタンカーと考えられており、樹脂、艶出し剤、アクリル材料の製造、および水と油の処理に使用されるアクリル酸980トンを積んでいた。経路情報によると、事件発生時、同船は日本の姫路港から韓国の蔚山港に向かう途中だった。

酸が海洋に漏洩したかどうかについては、現時点では情報はない。

コヨン・サン 今朝(7年20月2024日)、現地時間の午前XNUMX時ごろ、日本の南の山口県沖で、取水が始まりました。

乗組員が電話したのは、 沿岸警備隊 船は近くの六連島へ航路変更することを伝えた。その直後、乗組員は沿岸警備隊に船が「傾いている」と連絡し、緊急の救助を求めた。救助隊が到着するまでに船は完全に転覆していた。

日本の放送局 NHK は、転覆した船の赤い船体と上空を救助ヘリコプターが飛行している様子を映した映像を放送した。水曜日にはこの地域で最大時速54キロ(33マイル)の風が観測された。

現在、船が転覆した原因については情報がなく、調査が進行中である。

このページは GTranslate によって英語から翻訳されたものです。元の記事は、英国に拠点を置く MIN チームによって執筆および/または編集されました。

コメントは締め切りました。

コンテンツにスキップ