X Shore CEO、レネ・ハンセン氏が電力市場と規模拡大について語る

X Shore CEO、レネ・ハンセン氏が船首の前に立つ男性

X Shore の最近 CEO に任命された René Hansen 氏が電動ボートをより環境に優しい未来に向けて舵取りすることについて語る

過去 1 年間、スウェーデンの全電動ボート メーカー X Shore にとって変革の物語が形作られてきました。注目すべきマイルストーンには、競争力のある価格の X Shore XNUMX モデルの導入が含まれます。 資金調達ラウンドの確保、そして最近では、商業部門をターゲットにしています。 Xショアプロ。今年はノルウェー生まれの ルネ・ハンセン Jenny Keisu の後任として X Shore CEO に就任し、現在は会社の舵取りをしています。

彼はさまざまなサステナビリティおよびテクノロジー分野での経験をもたらし、そこでは「ブランドの論理とブランドの魔法の間の架け橋」として優れた役割を果たしました。

新しい管理

Xショアプロ
Xショアプロ

まだ就任して数カ月が経ったばかりの頃だ, しかしハンセンは今後の道のりと、彼の精神がX Shoreとどのように一致するかに自信を持っている。 

「サステナビリティとテクノロジーは常に中核であり、私にとって X Shore はむしろテクノロジー企業です。私にとって本当に印象深かったのは、[X Shore] が世界で唯一の持続可能なボートの組み立てライン生産者であるということでした。レジャーボートが海洋に与えるマイナスの影響を認識していたので、私は前向きな変化を推進する変革力の一員になりたいと思いました」とハンセンは言います。 

過去数年にわたり、より持続可能なボートソリューションに対する意識が高まっています。逆に、これは propel~の成長と導入を主導した 電気ボート。ハンセン氏はこの勢いを認識しており、次のように述べています。当社の消費者グループは幅広く、その親の子供たちからも多くの関心が寄せられています。若い世代は燃焼船を望んでいません。彼らは自然と一体になることに重点を置いており、電気ボートはまったく異なる体験です。彼らはテクノロジーの進歩を重視しており、私たちが[若い消費者]とフォーカスグループを運営するとき、彼らは常にシームレスなテクノロジー統合を支持します。」

X ショア 1

その結果、X Shore は持続可能性を超えて、テクノロジーを通じてユーザー エクスペリエンスを向上させることに重点を置いています。この統合により、ボートへのアクセシビリティも向上すると考えられています。 「私たちは、ボートを所有する際のサービスの煩わしさのせいで、以前はボートに乗ることは自分には向いていないと感じていたかもしれない新しい消費者を引き付けたいと考えています。現在では電動化によりその煩わしさは解消されました。」とハンセン氏は言います。

「持続可能性が焦点ですが、テクノロジーと機能的なデザインも重要です。ユーザーエクスペリエンスとボートの使用方法を改善しています。私たちは自分たちを、ユーザーが自然と一体になることを助ける冒険ブランドであると考えています。これが、所有者が要件に応じてボートをさまざまなものに変えることができるようにモジュール形式で構築する理由です。」 

電動ボート市場への適応

工場の生産ライン上のボート
Xショアファクトリー

の発売以来、他のアプリケーションも登場しています。 Xショアプロ。同社はこのモデルを作業船や輸送部門に投入したが、実際には、より実用的なまたは冒険的なスタイルのボートを探している個人や顧客の関心を集めている。 「X ショア プロの需要は主に地方自治体や、自然観光やダイビングなどの団体からだと考えていました」とハンセン氏は言います。私たちが予想していなかったSUVスタイルの市場を開拓しました。私たちは多くの関心を持っているので、それを商業計画に組み込む必要がありますが、当初は考えられていませんでした。」

社内技術の進歩により、X Shore は参入障壁を軽減することに取り組んでいます。ハンセン氏は次のように説明します。「他の会社はボート会社ですが、私たちは持続可能で美しいボートのデザインに焦点を当てているテクノロジー会社です。私たちは持続可能な最良の選択肢です。

「自動車業界が持っているものをそのままボートに組み込むことはできませんが、私たちはこのテクノロジーをどのように接続してボートで機能させるかを理解しています。」

規制が目前に迫っており、市場に浸透し始めるでしょう。 X Shore のような企業はこうした変化を目の当たりにしており、そのため立法運動を主導している地域に焦点を移しています。 

「ノルウェーのフィヨルドでは大型燃焼船に対する法規制が強化されており、ドイツ、トルコ、オーストリア、イタリアのいくつかの湖もこれに追随しています。これは小型ボートにも波及するだろう」とハンセン氏はコメントする。

予想される規制変更に先立ち、X Shore は潜在的な拡大のモデルを確立しました。ハンセン氏は、「現時点では、組立ラインで持続可能な規模で生産できる唯一の企業であり、より大きな変化が訪れた際にはオンデマンドで納品できるようになるだろう」と説明する。

スケーリングと構造 

スタートアップのスケールアップはプロセスであり、X Shore はその真っ最中です。今後に向けてチームは、持続可能な電動ボートの促進者となるという同社の取り組みを強調する強力な商業戦略を構築し続けると述べている。 

「スタートアップの場合、誰もが異なる方向に進みます。私はこのエネルギーをより明確な役割と責任に移し、人々がより効率的に働けるように力を与えています」とハンセン氏は言います。

新しい CEO は将来について楽観的であり、次のように結論付けています。「将来は、どこにでも設置できる組み立てラインの設計図生産を専門化して微調整し、商業戦略に取り組み続けることです。 

「私たちはディーラーとの関係を強化し、法律や行動変容に注力していきます。」

この記事は、英国に拠点を置く MIN チームによって執筆および/または編集されました。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

コンテンツにスキップ