トミーズ・ボートが管理下に置かれる

トミーズ・ボート

デラウェア州に本拠を置く危機管理コンサルティング会社が、財務上および法的問題が増大しているグランドラピッズに本拠を置くボートディーラー、トミーズ・ボートの管財人に任命された。

のレポート 脳の ビーン・アソシエイツのトーマス・ビーン社長は、ボート販売店の資産と収入を掌握しており、負債と手数料の返済に努めると述べた。

引越しは後に来る トミーズは4月にアメリカの造船会社マリブボートを相手取って訴訟を起こした。 マリブは売上高、市場シェア、株価を人為的につり上げるために、売りにくい在庫を複数の販売店に過剰供給したと主張した。

マリブ・ボートは現在声明を発表し、「トミーズ社の主張に対して精力的に弁護するつもりだ」と述べた。

トミーズ・ボート は115億XNUMX万ドル以上のローンを滞納したとして、M&T銀行からの訴訟に直面している。

トミーズ・ボートはクレインズに対し、協力していると伝えた。

クレインズへの声明では「管財人に同意することで、マリブに対する訴訟が続いている間、財務状況を管理する上で最良の立場に立つことができ、最終的にはトミーズの事業が活性化し、より強力になると信じている」と述べた。

「この決定は、私たちに前進するための最善の道を提供し、それが従業員、顧客、その他の利害関係者、会社にとって利用可能な最高の機会を生み出すと信じています。」

このページは GTranslate によって英語から翻訳されたものです。元の記事は、英国に拠点を置く MIN チームによって執筆および/または編集されました。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

コンテンツにスキップ