フェレッティはイタリアで海洋工学の修士課程に携わる

フェレッティグループが推進する海洋工学修士課程が行われる建物

フォルリを拠点とする海洋工学の新しい修士課程が、2024-25年度に開始されます。これは、業界全体、特にヨット製造部門のニーズを満たすことを目的としており、フェレッティグループによって推進されています。 ボローニャ大学、Cassa dei Risparmi財団、エミリア・ロマーニャ州政府、フォルリ市と協力して、官民パートナーのネットワークを構築しました。

アドリア海沿岸に5つの生産拠点を持つフェレッティは、エミリア・ロマーニャ、マルケ、アブルッツォ、プーリアの各州でヨット製造業界の産業と雇用の大幅な成長が報告されていることを受けて設立されたこの取り組みの主な支援者の1つです。そのため、高度な技術と専門知識を持つ専門家が常に必要とされています。

この学位は、フォルリに卓越した研究拠点を創設する第一歩に過ぎないと言われています。その目的は、非常に革新的な技術によって推進されるヨット業界の新興企業の創設と育成を支援し、これらの地域の魅力を高め、「ブルーエコノミー」の発展を促進することです。

「この新しい学位コースはエネルギーを生み出し、私たちが熱烈に歓迎する有能な人材を輩出するでしょう。ここエミリア・ロマーニャ州とアドリア海沿岸には、イタリアのヨット産業が全長60メートルまでのプレジャー船で世界をリードするのに大きく貢献している大手造船所がいくつかあります」とフェレッティ・グループのCEO、アルベルト・ガラッシは述べています。「大学レベルのプロジェクトを通じて知識を伝え、経験を共有することは、雇用を創出するとともに、ヨット産業の将来の課題に立ち向かうことができる十分な教育を受けた専門家を業界に提供するという二重の機能を果たします。」

工業工学部門の業務は、流体力学や流体抵抗と空気抵抗を減らす方法(プレダッピオの国際 CICLoPE 施設で実施)など、ますます高度な研究に重点が置かれます。

このコースでは、製品開発のあらゆる段階において、プレジャーボートや関連部品の設計と製造に携わる大学院生を養成します。

ジョヴァンニ・モラリ学長は次のように語っています。「新しいコースはフォルリの施設で開講され、多数の研究室へのアクセスと航空宇宙および機械工学のトレーニング機会の潜在的可能性が確保されます。流体力学(フォルリ キャンパスの CICLoPE は非常に重要な国際研究施設です)、推進力、複合材料など、海洋関連のさまざまな分野で大きな相乗効果を継続的に生み出せることを期待しています。この革新的な教育プロジェクトにより、大学は地域と業界のニーズをますます考慮したトレーニングに注力していることを裏付けています。」

フェレッティ グループについて読み続けてください。

コメントは締め切りました。

このページは GTranslate によって英語から翻訳されたものです。元の記事は、英国に拠点を置く MIN チームによって執筆および/または編集されました。

コンテンツにスキップ