Dynamiq、トルコのアンタルヤで改修事業を開始

アンタルヤ ダイナミック トルコが改装

モナコに本拠を置くスーパーヨット製造会社ダイナミクは、トルコ南部のアンタルヤ自由区にある自社施設で改修および改造作業を開始した。

ダイナミック 指定された低税地域および造船拠点であるアンタルヤにある同社の施設は、オーダーメイドの改修のために最大65メートル(215フィート)のスーパーヨットを収容できるようになったと述べています。

改修プログラムに参加する最初の船は全長39メートルのDynamiqスーパーヨットM/Yです Jetsetter (2016 年納入) は、包括的な改修のために Dynamiq の施設にすでに到着しています。

ダイナミック 同プロジェクトは、推進システムのオーバーホールから内装のアップグレードまで、幅広い改修をカバーすると述べている。改修工事の主なタスクの 1 つはポッドとそのギアボックスのメンテナンスであり、プロジェクトは Reintjes の技術者によって主導されています。

アンタルヤ フリー ゾーンは、特別税制の恩恵を受ける政府保護地域です。トルコとオランダ両国の有名な造船所が集積しています。 Dynamiq は、すべてのヨットは改修期間中ずっと保護されており、追加の節税により低価格を提案できると述べています。

設備には、ステンレス鋼やチーク材などの高級インテリアを内製化しています。 2,000トンのシンクロリ​​フトも敷地内にあります。

このページは GTranslate によって英語から翻訳されたものです。元の記事は、英国に拠点を置く MIN チームによって執筆および/または編集されました。

コメントは締め切りました。

コンテンツにスキップ