アジムット・ベネッティ・グループとDマリンが15万ユーロのリボルノ・マリーナ建設に着手

アジムット・ベネッティ・グループとマリーナ会社D-マリンは、今月(2024年XNUMX月)イタリアのリヴォルノ・マリーナの建設に着手する。

28月XNUMX日にリボルノ市長室と協力して行われた記者会見で、次のように述べた。 D-マリン & アジムット・ベネッティ・グループ プロジェクト全体が 2026 年 XNUMX 月に完了する予定であることが明らかになりました。 リヴォルノ マリーナ 予定より早く顧客に提供できるようになります。

アジムット・ベネッティ・グループとD-マリンとの合弁事業は、フィレンツェのアルキアが設計した地中海で最も注目すべきマリーナの一つをリヴォルノ市に提供することになる。マリーナには合計 815 のバースが備わります。 

予想される投資額は約 14 万ユーロから 15 万ユーロです。このプロジェクトには、埠頭、会議スペース、高級レジャーおよびエンターテイメント設備の改修が含まれています。敷地のうち220平方メートル以上がレストラン、2平方メートルがバー、60平方メートル以上がオフィスに確保される。

「リボルノは独自のマリーナを持つことを嬉しく思っています」とリボルノ市のルカ・サルベッティ市長は言う。 「16年を経て、事実上利権を付与するための手続きが完了した。その結果、マリーナの建設工事が間もなく開始され、リボルノの中心部と海岸を結ぶ部分が豊かになります。これは都市の発展、成長、変革における新たなマイルストーンであり、観光と雇用の両面で地元経済の活性化の恩恵を受けることになる。この目標を達成するために尽力してくださったすべての方々、特に20バースの450年間の利権を獲得したリヴォルノのヨット業界に感謝します。」 

創設者パオロ・ヴィテッリ アジムット・ベネッティ・グループ、追加: 私たちは、ポルタ マーレ プロジェクトを具体化するために、20 年間にわたり機関や地域社会と協力してきました。本日、関係者全員から承認され評価された計画の最終バージョンを発表できることを誇りに思います。 

「リヴォルノのマリーナは最先端の実現となるでしょう。歴史あるメディチ港は、街や海外からの観光客に開かれた、モダンで美しく、環境に優しいマリーナの中に組み込まれています。このプロジェクトをさらに強化するために、私たちは最近、地中海最大かつ最も成功したマリーナ運営会社である D-Marin と提携しました。この協力により、リボルノに到着する国内外のボート所有者に高品質の管理と革新的なサービスを確実に提供できるようになります。」

ニコロ・カッフォ氏、ゼネラルマネージャー D-マリン イタリア紙は、リボルノは地中海で最も「名声のある」マリーナの一つとなり、「プレミアムな顧客体験、商業的卓越性、持続可能性への取り組み、イノベーションに沿った共通の価値観に基づいて構築される」と述べている。

さらに、「D-マリンは、アジムット・ベネッティ・グループと提携して、リボルノ・マリーナが確実に繁栄し、私たちが知っている有名なヨットハブになることを保証します。」と付け加えた。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *